キャバクラとの違い|ガールズバーで日頃の疲れを解消させよう/女性だけのショットバー

ガールズバーで日頃の疲れを解消させよう/女性だけのショットバー

キャバクラとの違い

電話をしている女性

ガールズバーのことを風俗に近い、エッチなサービスだと勘違いしている人は少なくありません。
しかし、それ以上に多いのが、キャバクラと似たサービスだと勘違いしている人です。
「お酒を飲みながら女の子と会話ができる」という点は確かに似ていますが、ガールズバーとキャバクラは決して似たサービスではないので注意しましょう。

ガールズバーはまず飲食店であり、基本はお酒や料理を提供する店です。
バーテンダーさんが全員女の子だとはいえ、お触りはもちろん禁止されていますし、話す場合もカウンターを挟んでいます。
通常のショットバーや飲み屋さんを想像していただけるとわかりやすいでしょう。
しかし、キャバクラの場合は男性客との会話を重視しており、みなさんの横にピッタリ座って接客をします。
「接待」というイメージの方がしっくりくるのではないでしょうか。

また、飲食店であるガールズバーでは全員制服の着用を義務付けていることが多いですが、キャバクラの場合はそれぞれがキレイな衣装を着用しています。
ヘアスタイルも女の子によってさまざまで、キャバクラの場合は見た目もかなり重視しています。

そして、最も大きな違いとしてあるのが営業時間です。
キャバクラの場合は0時以降の営業が許可されておらず、深夜まで店を開けることができません。
それに対してガールズバーの場合、「深夜酒類提供飲食店」として許可されているため、0時以降の営業も問題ないのです。